Premiere of “Instan’stillation” for contrabass recorder and electronics

After a bit long silence, I’m happily to inform you upcoming premiere of my piece, “Instan’stillation” for recorder and electronics with other splendid pieces!
It was great opportunity to think about the relationship with music and story and the meaning of tragedy for me. Come and hear these pieces for Susanna Borsch to Splendor Amsterdam on March 5th! with David Dramm, Juan Felipe Waller, Kate Moore, Michiel Mensingh, Oscar Bettison and Guus Janssen. 
 

March 5th 2014
“Susie, tell me a Story!”
Wednesday 5 March 2014
Splendor Amsterdam
start: 20:30

“Instan’stillation”
Tragedy shakes the emotions of the audience, and achieves their catharsis.
And the story goes on.
The end of a story is the beginning of another.
 In this piece, the emotions are expressed in the persistent sense of intense stillness among all the movements.
The experience is momentary, but of something timeless.
I hope this piece opens a door to such an experience.
 
久しぶりの更新になります。昨年秋からコントラベースリコーダーとエレクトロニクスのための”Instan’stillation”という作品を作曲していました。3月5日、20:30からアムステルダムのスプレンダーで発表です。この”Susie, tell me a story!” という企画のために、物語と音楽との関係、物語を超えるものは、悲劇は何のためにあるのか・・などなど考えて制作しました。そして書き終わったあとはこの楽器のことが以前にも増して好きになっていました。
以下、作品のノートです。
 
“Instan’stillation”
悲劇は観るものの感情を揺り動かし、カタルシスを起こす。
そして物語は移ろいゆく。
物語の終わりは次の物語の始まりである。
この作品の中で感情は、張りつめた静寂の持続的な感覚により表されている。
一瞬であると同時に、時間を超越した感覚。
 
そんな時間体験を作り出すことができたのならば、この上ない喜びである。
 
画像
 
画像
 
 
 

Comments Off on Premiere of “Instan’stillation” for contrabass recorder and electronics

Filed under Uncategorized

Comments are closed.