前へ
次へ

新着記事投稿

2019-08-01
歯間ブラシ

歯肉炎の原因

歯磨きをする度に出血がある、歯茎が腫れるなどの症状がある場合、歯肉炎の可能性があります。歯肉炎は、歯周病の初期症状とも言われており、歯と歯茎の間に汚れや細菌が溜まったことが原因で炎症が起きてしまうそうです。
健康な状態の歯茎は薄めのピンク色で、弾力性を持ちながらも引き締まっています。これが歯肉炎を起こした場合、赤みを帯びた濃い色に変わり、厚みを持って膨らんできます。歯との境目が丸く見え、ブヨブヨとした柔らかさを持ちます。歯磨きの際に、すぐに出血しやすくなることも特徴です。
軽い歯肉炎であれば正しい歯磨きをすることで改善されますが、対応をせずに放っておいてしまうと重症化することも少なくありません。重症化をしたことにより歯周病にまで悪化をし、最悪の場合は歯を失ってしまうこともあります。
正しい歯磨きを行っている場合でも、歯肉炎が長期間続くこともありますし、一度治った場合にも再発する可能性もあります。早い段階で歯科に相談をし、正しい処置を行うことが大切です。
歯肉炎は、毎日の歯磨きをしっかり行うことで予防できます。歯と歯茎の境目に注意して、磨き残しがないよう歯垢を取り除きましょう。原因となる歯石は、歯科で除去できます。

歯ブラシが強く当たり過ぎている、汚れが上手く取り除けていないということの他にも、ストレスや疲れ、栄養不良も歯肉炎の原因になり得ます。健康的な生活ができていない場合には、当然ながら口内の状況も崩れてしまいます。
栄養と睡眠を取り、ストレスを溜めないようしっかりと体を休めることも大切です。食事で栄養が足りないようであれば、サプリなどで補助的に栄養を摂取することもおすすめです。
歯茎は健康のバロメーターですので、毎日チェックを行いましょう。


icon

アキ子

こんにちは!アキ子です♪
みなさんちゃんと毎日歯磨きしてますか?健康な歯を残すためにも毎日しっかり歯磨きしましょうね😊
なにかありましたら下記のアドレスかお問い合わせページからお気軽にご連絡ください♪
info@akikoushijima.com

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、サイト制作者は責任を負うことが出来ません。 またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

ページのトップへ戻る