前へ
次へ

新着記事投稿

2019-08-01
歯間ブラシ

歯の硬化促進

毎日の食事を美味しく楽しむためにも考えなくてはいけないのが、丈夫で硬い歯を保つということではないでしょうか。そのためには、唾液の中に含まれるカルシウムやリンなどのミネラル成分の働きが重要になってくると言われています。
これらのミネラル成分が歯の表面にくっつくと、歯の再石灰化が起き、歯が硬くなると言われています。再石灰化という作用は、歯のエナメル質を溶かしてしまう歯垢から歯を守って、かつ修復してくれるという体の自然の働きと言えるでしょう。
歯の表面がほんのり白っぽ苦なる初期のむし歯などであれば、唾液中のカルシウムが働きかけて起こる再石灰化の自然修復により、むし歯になるのを防いだり、進行を止めたりすることができると言われています。再石灰化が行われた歯は、溶かされてしまった表面のエナメル質を、溶けてしまう前よりも硬くて強度の高いエナメル質に変化することもわかっており、近年では昔のようにガリガリ歯を削ってしまう治療ではなく、途中の経過を診ながら、出来るだけ歯を削らない方向での治療方法が広まっていると言われています。
唾液の分泌が減ってしまうと、むし歯ができるだけでなく、自然修復は難しく、歯はどんどん弱いものになってしまうのではないでしょうか。健康のために薬やサプリメントなどで栄養素を摂取するのではなく、しっかりとした食事を、よく噛んで味わうことが一番の健康法であると言えるでしょう。
丈夫な歯を保ち、よく噛むことで、さらに強い歯へと生まれ変わっていくサイクルを作ることができたら、いつまでも健康に美味しい食事を楽しめるのではないでしょうか。
定期的に歯医者さんに通い、歯科検診で状態を知っておくのも良い習慣と言えるでしょう。


icon

アキ子

こんにちは!アキ子です♪
みなさんちゃんと毎日歯磨きしてますか?健康な歯を残すためにも毎日しっかり歯磨きしましょうね😊
なにかありましたら下記のアドレスかお問い合わせページからお気軽にご連絡ください♪
info@akikoushijima.com

免責事項

当サイトに掲載している情報をもとに、閲覧者、第三者が行動し、その行動に伴い損害が発生したとしても、サイト制作者は責任を負うことが出来ません。 またこのサイトに掲載している情報は随時修正・削除を行う可能性や、時代の変化等の要因で情報が正しいものではなくなる可能性がありますので予めご理解の上サイトを閲覧下さい。

ページのトップへ戻る